最新記事

医療は、日本国内と国外で、実施のされ方が異なることがよくあります。
例えば日本で痛みを訴える場合には、非ステロイド性消炎鎮痛剤を処方することが多くなります。
これに対して欧米諸国では、アセトアミノフェンを処方することのほうが多いのです。
日本と西洋諸国は、いずれも医療の基本が西洋医学になっています。
それにも関わらず、処方する薬に違いがあるのは、いくつかの原因があるのです。
消炎鎮痛効果としては、非ステロイド性消炎鎮痛剤のほうが、優れていると言われています。
この非ステロイド性消炎鎮痛剤の長所を、日本では重視して、用いることが多くなっているのです。
いっぽう非ステロイド性消炎鎮痛剤は、消化器系への負担が大きいという、短所が存在します。
この非ステロイド性消炎鎮痛剤の短所の部分を、西洋諸国は重視することが多いのです。
西洋諸国が用いることが多いアセトアミノフェンは、副作用が少ないタイプの消炎鎮痛剤です。
しかし、先述のように非ステロイド性消炎鎮痛剤よりは、消炎鎮痛効果が低くなります。
そのため西洋諸国では、アセトアミノフェンの1回の使用量が、日本よりも多いことが知られています。
このように国内と国外では、医療の実施のされ方が、相違することがしばしばあるのです。

行徳 歯医者

ElPrO

可児市 歯医者

板橋 整骨院

マウスピース矯正

関連記事

  • 現代社会においては多くの疾患が誕生し、近年では高血圧や糖尿病などの成人病が人々を悩ませ、加えてアレル …

    詳細はコチラ

  • 様々な場面で病気の話題があるため、今ではそういった内容が心配になる人もいます。
    実際にこの国で …

    詳細はコチラ

  • 私は子供の頃からしっかり勉強して医者になるよと親から言われ続けられました。
    私自身もテレビドラ …

    詳細はコチラ